二人の結婚式前撮りガイド

結婚式の前撮りのコツが盛りだくさん!

結婚式のゲスト選びでモメないために行うと良いこと

ゲスト選びでモメないために 人生で一度きりの大切な結婚式。決めることはたくさんありますが、最初の関門は「ゲスト選び」ではないでしょうか。
「大勢のゲストを呼んで賑やかにしたい」とか、「小規模でいいから本当に親しい人だけを呼びたい」など、両家の中で様々な考えがあると思います。まずはお互いに意見を交わして、どういった方向性の式にするのかを決めましょう。
そうして来てもらいたいゲストが決まったら、できるだけ顔を見て報告しましょう。時々SNSのグループメッセージなどで報告する人もいますが、やはり高いご祝儀と貴重な時間を割いて来てもらうゲストですから、直接会って報告するのがマナーです。遠方のゲストは電話や、どうしても無理な場合は個人的にメールをするなど、とにかく「あなたに来てもらいたい」ということが伝わるようにしましょう。人数合わせで行く結婚式ほど楽しめないものはありません。
最後に、ゲスト選びで気にしたいことが「人数のバランス」です。両家のゲストの人数やテーブル数は、ある程度同じにした方が良いでしょう。表立っては言いませんが、両家のバランスが悪いと余計な勘ぐりをする人もいます。どうしても一方のゲストが多くなる場合は、席次表の肩書き欄を「新婦友人」ではなく「友人」とだけ書くか、思い切って肩書きを無くしてしまっても良いでしょう。
 新郎側、新婦側、どちらのゲストも誠意を持ってお迎えし、1人1人を大切にした結婚式を目指したいですね。

結婚式に参加できない場合、いつ祝儀を渡すのが良い?

いつ祝儀を渡すのが良い? 結婚式の招待状をもらったけれど、どうしても行くことができない場合はご祝儀を渡す必要があります。大切なのは渡す時期で、招待状をもらってからなるべく早いうちに、できれば断りを入れる際に直接会って渡すとスムーズです。
招待状には式の日取りも書いてあるので、それよりも遅くなってしまうと相手の方に失礼ですし、不参加の連絡をした後に式の当日まで何も連絡がないと式を挙げる本人も不安になってしまうはずです。人生において大切な結婚式でのトラブルはその方との関係を崩してしまうこともあるので、招待をされたら早い行動をおすすめします。そしてきちんと祝福の気持ちを伝え、写真を見せてほしいなど、参加できなかったことを残念に思うことをきちんと伝えます。
また、結婚式に参加ができなかった場合はご祝儀を渡す時に食事会などをして個人的に思い出を残すのも良い方法です。そうすることで結婚のお祝いをきちんとすることができますし、お互いに良い節目となります。相手とこの先も良い関係を築くにはとにかく遅くなることだけは避けてなるべく早く渡すことを心がけると良いです。ぜひ参考にしてみてください。

Copyright (C) 2017 二人の結婚式前撮りガイド. All Rights Reserved.