二人の結婚式前撮りガイド

結婚式の前撮りのコツが盛りだくさん!

結婚式に参加しない場合の断り方 どういう理由が妥当?

結婚式の断り方 結婚式に招待されたものの欠席するという場合、どのように断ればいいのか思いつかずに困ったことがある方も多いのではないでしょうか。どのように断れば、先方に角を立てずに伝えられるのでしょうか。
よく使われるものとしては、「先約が入っている」というものです。結婚式は、大安吉日など縁起の良い日取りを選ぶ人も多いため、同じ日に集中してしまいがちです。同じ日に親戚の結婚式があり、そちらに出席の返事をしていると断るのが妥当です。
その他によく使われる理由としては「重要な仕事」が挙げられます。どうしても外せない会議が入っているとか、その前日に出張で遠方に行くため距離的に参加が難しいとかであれば、先方にも角が立たないでしょう。
また、女性であれば妊娠や出産、お子さんのことを理由にする方も多いようです。妊娠中で安静が必要な状態だったり、小さなお子さんを預ける先がないというのも、欠席する立派な理由になります。これらの断り方であれば、関係にヒビが入ることもないでしょう。

結婚式で喜ばれる祝電の特徴

結婚式で喜ばれる祝電の特徴 招待された結婚式に何かの事情などで出席が出来ない時には、祝電を贈ってあげると喜ばれます。しかし、祝電にはマナーがあり、それに気を付けて送るようにしなければいけません。結婚する二人が親しい友人の時には、友達だから知っている話を交えてお祝いの気持ちを贈るようにします。
気を付けることは、気まずい内容などは盛り込まないようにする事です。親戚に贈る場合は、つつしんだ形でこれからの幸せをい願うような内容にすると良いでしょう。同じ職場の上司や同僚に贈る場合は、簡潔な文章でお祝いの気持ちを相手に贈るようにします。
上司に贈る時は、失礼な内容にならないように気を付ける必要があります。仕事の取引先などの相手に贈る場合は、送り主を誰にするかを上司などに相談してから贈るようにします。内容も失礼のない、節度を持った文章にしましょう。
これ以外にも、結婚式に贈る祝電には、お祝いの文章なので句読点は打たない事や、別れを結婚するカップルに思い浮かばせてしまような忌み言葉などを使わないようにしなければいけません。

Copyright (C) 2017 二人の結婚式前撮りガイド. All Rights Reserved.